レシピ

ヨーグルトメーカーでのR1ヨーグルトの作り方|失敗しない温度が大事

ヨーグルトメーカーでゆるくならないR1ヨーグルトの作り方を紹介します!温度と時間を間違えると固まらないので注意してくださいね。このレシピで失敗なしですよ^^

R1ヨーグルトを増やして毎日食べましょう♪

我が家は毎冬これで元気いっぱいです
ヨーグルト作り方

ヨーグルトメーカーでのR1ヨーグルトの作り方

++道具と材料++

  • ヨーグルトメーカーはビタントニオ(vitantonio)
  •  R1ヨーグルト 1本(飲むヨーグルトタイプ)固いタイプでもOKです
  • 牛乳1L

以上!お砂糖など使いませんよ〜。

++レシピ++

  1. 牛乳パックのまま温める(600w2分20秒)
  2. R1の量の牛乳を減らす(別容器に入れて飲んでね)
  3. R1飲むヨーグルトを全部入れる
  4. 底からかき混ぜる
  5. ヨーグルトメーカー付属のフタをする
  6. ビタントニオにセット!43度で8時間(冬季)41度8時間(夏季)
  7. 出来上がったらそのまま冷蔵庫で保存

 

1.まずは牛乳パックのまま(開封しないで)電子レンジ(600W2分20秒)

2.そのあと、牛乳パックを開けてR1の量だけ減らす。

3.R1を1本分全部入れる(R1は温めないよ)

r1ヨーグルトの作り方

 

 

rヨーグルト ビタントニオヨーグルトメーカ

これは我が家の作り方ですので、明治が推奨しているわけではありません。成分をしっかり摂取したい方は明治R1ヨーグルトをそのまま飲みましょうね♡

ヨーグルトの量は増やせますがr1の効果を増やすことではありませんので、効能は期待しないでね 。でも我が家はこれで毎冬元気です。

 

温度がポイント

冬季の43℃がポイント。温度が低いとと固まらなかったよ 

ヨーグルト作りは
炊飯器やらポット・発酵器などとやり方は色々あるようですが
温度管理・衛生管理を考えるとヨーグルトメーカで作るのが一番いいかなと思います

温度管理が一番大事です

なんども言いますが温度が低すぎると、固まらずゆるくなり失敗に終わります

とーっても、もったいないので温度管理にはくれぐれも注意してくださいね

ヨーグルトを増やすための道具と材料

ヨーグルトメーカーのおすすめ

ヨーグルトを家で増やして作ると言えば
カスピ海ヨーグルトブームの時の、消毒した瓶に入れて常温で
増やす!っていうのが定番でしたよね

R1ヨーグルトやLG21ヨーグルトを作るのは、その室温の方法ではなかなかうまくいきません

そこで色々調べてみたら温度管理が成功の秘訣だとわかりました。

炊飯器やら電気毛布にまいて!?作っている人もいるらしいですが
温度が不安定だったり、何時間も様子を常に気にするのは正直大変( ;∀;)

 

そこで、温度管理が簡単なヨーグルトメーカーを買うことに決定しました。

これが大正解。ほっとくだけでヨーグルトが作れるようになりました。

ヨーグルトメーカーはヴィタントニオ

ヨーグルトは牛乳パックのままで作ることができるんです。
付属の容器では、甘酒を作って大活躍中^^

 

ビタントニオヨーグルトメーカーがおすすめな理由は音|麹甘酒とr1で腸活腸活のためのR1ヨーグルトや甘酒作りに活躍しているヨーグルトメーカー。たくさんある中での選び方や我が家がビタントニオをおすすめな理由をお伝えしたいと思います。...

R-1ヨーグルトをお得に買う方法

R-1ヨーグルトを増やすのに欠かせないのは、当然R1ヨーグルトそのものです^^

これがなくては増やせない

スーパーではほぼ、セールにならない単価128円(税込138円)なので
ちょっとでもお得に購入したいですよね〜。

つや子はお得にまとめ買いをしていますよ。
まとめ買いで1本につき14円お得
これが48本なので・・・ほぼ5本無料くらいのお得感!(_😉

 

なんと! 1本につき4円お得!送料無料/

 

冷蔵庫に空きがなければ24本もおすすめです!

 

うちは、ほんとに季節関係なく年中このヨーグルトを食べていて
それ以来、予防接種もなしでいけてますので
ヨーグルトメーカーとR1には感謝してます(╹◡╹)♡

価格は情勢によって変化しているので、よく確認してくださいね

 

 

 

 

 

error: Content is protected !!