MENU
レシピ

ヨーグルトメーカーでR1ヨーグルト作り|失敗しない温度と時間

r1ヨーグルトをヨーグルトメーカーで増やすための失敗しない作り方は温度と時間がポイント!我が家のビタントニオヨーグルトメーカーで作る、飲むヨーグルトと牛乳を使った固めのr1ヨーグルトの作り方を紹介します。

固まらない、ゆるくなる。とお困りの方もこれで失敗なしでR1ヨーグルトを増やせます♪

ヨーグルトメーカーでR1ヨーグルト作り

r1を増やすための道具と材料

  • ヨーグルトメーカー:(我が家は)ビタントニオ
  • R1飲むヨーグルト1本(食べるタイプでもOKです)
  • 牛乳1L(賞味期限は新しいものを)

以上です!お砂糖は使いませんよ〜。
加工乳では作れませんので要注意

ビタントニオヨーグルトメーカーr1レシピ

  1. 牛乳パックのまま温める(600w2分20秒)
  2. r1ヨーグルトの量の分、牛乳を減らす(別容器に入れて後で飲んでね)
  3. r1飲むヨーグルトを牛乳パックに全部入れる
  4. 底から長いスプーンでかき混ぜる
  5. ヨーグルトメーカーにセットして付属のフタをする
  6. 43度で8〜10時間(夏期は41度でもOKだよ)
  7. 出来上がったらそのまま冷蔵庫で保存

ここからは、画像付きで紹介しますね

1.まずは牛乳パックのまま(開封しないで)電子レンジ(600W2分20秒)

2.牛乳パックを開けてR1の量だけ減らす。

3.R1を1本分全部入れる(r1は温めなくてokだよ)

r1ヨーグルトの作り方

4.底からしっかりかき混ぜて ←これもポイント!

5.冬は温度43度(夏は41度でもいい)時間は8〜10時間で!

ビタントニオヨーグルトメーカ


これは我が家が何回も作っている作り方ですので
明治が推奨しているわけではありません。

r1ヨーグルトの効果をしっかり摂取したい方は
明治R1ヨーグルトをそのまま飲みましょうね♡

R1ヨーグルトをお得に買う

R-1ヨーグルトを増やすのに欠かせないのは、当然R1ヨーグルトそのものです^^
スーパーではほぼ、セールにならない単価128円(税込138円)なので
お得になるようまとめ買いをしています。少し安いしポイントつくんです

ビタントニオヨーグルトメーカー

R1ヨーグルトやLG21ヨーグルトを作るのは、温度管理が成功の秘訣だとわかりました。
そこで必要なのはヨーグルトメーカー!

中でも私のおすすめはビタントニオヨーグルトメーカーです。
温度管理が簡単にできます。

炊飯器やら電気毛布にまいて!?作っている人もいるらしいですが
温度が不安定だったり、何時間も様子を常に気にするのは正直大変( ;∀;)

ビタントニオのヨーグルトメーカーを買ってからほっとくだけでヨーグルトが作れるようになりました(*’▽’*)

しかも、牛乳パックそのまま使って作ることができるんです。
付属の容器では、甘酒を作ることもできるので大活躍してます。

ですが、我が家のビタントニオヨーグルトメーカーはvyg11とう機種です。

古いです(^^;;

ということで、最新機種vyg30はどうなのか?調べてみました

ヨーグルトメーカーでR1ヨーグルト作りまとめ

温度管理をヨーグルトメーカーでするのが失敗なしポイントです
なんども言いますが温度が低すぎると、固まらずゆるくなり失敗に終わりますよ〜

  • 温度:秋〜冬季は43℃に設定。
  • 時間:8〜10時間

とお伝えしました。

温度が低くて半分しか固まらないことが実際にありました。

とーっても、もったいないので温度管理にはくれぐれも注意してくださいね!

r1ヨーグルトの作り方(増やし方)には
炊飯器やポット・発酵器などでつくるなど色々なレシピがありますが
温度管理がムツカシイので

衛生管理を考えても、ヨーグルトメーカで作るのが一番おすすめ!

我が家はビタントニオを使ってます。

\容器は通常1個ですが、2個セットだと肉と甘酒で使い分けられ便利/
楽天市場で確認してね↓↓

error: Content is protected !!