ふるさと納税は早めがお得>>
知恵/レシピ
PR

ヨーグルトメーカーで失敗なし!R1ヨーグルトの作り方に最適な温度と時間

coco
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

R1飲むヨーグルト(ドリンクタイプ)とヨーグルトメーカーを使って自家製R1ヨーグルトを作って5年。

ヨーグルトメーカーで失敗しない作り方は温度と時間がポイントだとわかりました。

「固まらない!ゆるい」とお困りの方も、わが家の作り方を参考にして失敗なしでR1ヨーグルトを増やしてくださいね♪

LG21ヨーグルトも同じ作り方でできますよ。

スポンサーリンク

ヨーグルトメーカーを使用したR1ヨーグルトの作り方

わが家のR1ヨーグルトの作り方(増やし方)はヨーグルトメーカーを使います。

それは、温度管理がしっかりできるので失敗なくヨーグルト作りができるからです。

道具・材料・レシピを写真付きで説明しますね!

RIヨーグルト作り方

r1ヨーグルトの作り方①道具と材料

  • 道具:ヨーグルトメーカー(ビタントニオ)
  • 材料①:R1飲むヨーグルト(ドリンクタイプ)1本(食べるタイプでもOK)
  • 材料②:パックの牛乳1L(賞味期限は新しいものを)

以上です!お砂糖は使いませんよ〜。
※加工乳では作れませんので要注意

\ビタントニオは甘酒も作れるよ/


r1ヨーグルトの作り方②レシピと工程

【ヨーグルトメーカーでの作り方】

  1. 牛乳パックのまま温める(600w2分20秒)
  2. r1ヨーグルトの量の分(110ml位)牛乳を減らす(お料理に使ったりしてね)
  3. r1ドリンクタイプを牛乳パックに全部入れる
  4. 底から長いスプーンでかき混ぜる
  5. ヨーグルトメーカーにセットして付属のフタをする
  6. 43度で8〜10時間(夏期は41度でもOKだよ)
  7. 出来上がったらそのまま冷蔵庫で保存

ここからは、画像付きで紹介しますね

1.まずは牛乳パック(開封しないで)横にして電子レンジで温める(600W2分20秒)

r1ヨーグルト作り方

2.牛乳パックを開けてR1の量だけ減らす(お料理にでも使ってね)

3.R1飲むヨーグルトを1本分全部入れる(R1は温めなくてokだよ)

r1ヨーグルトの作り方

.消毒した付属のスプーンで底からしっかりかき混ぜて! ←これポイント!

5.冬は温度43度(夏は41度でもいい)時間は8〜10時間で!(8時間以上でしっかり固まるイメージ)

ヨーグルトメーカーr1

温度管理と時間がヨーグルトを作る上で大事な失敗なしポイントです!

温度が低くて半分しか固まらないことが実際にありました

  • 温度:秋〜冬季は43℃に設定。(夏は41℃でもできた)
  • 時間:8〜10時間

これは我が家で何度も成功している作り方(増やし方)です。
※明治が推奨しているわけではありません

当然ですが、R1の効果をしっかり感じたい方はそのまま飲んでくださいね!

ヨーグルトメーカーの温度と時間

ヨーグルトメーカーとR1ドリンクタイプを使ってR1ヨーグルトを増やす作り方を紹介しました。

ポイントになるのは温度と時間です!

ポイント
  • 温度:秋〜冬季は43℃に設定。(夏は41℃でもできた)
  • 時間:8〜10時間
  • 例:夏は41℃で8時間にしてます

R1ヨーグルトをヨーグルトメーカなしで作る場合、この温度管理がとても難しいですよね…

ヨーグルトメーカーなしで作る方の中には、電気毛布に巻いたり、こたつの中に入れたりして作っている方もいるそうですが、それはとても危険!!

温度が不安定= 雑菌が繁殖するからダメ

自家製ヨーグルトが危険と言われるのは、不衛生な管理で雑菌が発生するからですよね。

とは言え、温度管理するために何時間も様子を常に気にするのは正直大変。

なので、ヨーグルトメーカーで作るのが断然おすすめなんです!

>>ヨーグルトメーカーを楽天で口コミが多い順に見てみる

ヨーグルトメーカーを使ったら温度管理衛生管理もできるし
ほっとくだけでR1ヨーグルトが作れるようになりました。

R1飲むヨーグルトをお得な値段で買う

R-1ヨーグルトを増やすのに欠かせないのは、当然R1ヨーグルトそのものです^^
スーパーでは、ほぼセールにならない単価128円(税込138円)なので
お得になるよう、楽天の正規店取り扱い店でまとめ買いをしています。

体が不調な時はR1ヨーグルトをそのまま飲んだりもします。

皆さんも、ポイントを貯めている通販でまとめ買いがおすすめですよ!

\少し安いしポイントがつくのでお得/

甘酒を作ることもできるビタントニオヨーグルトメーカー比較しました。

大谷選手で話題に!岩泉ヨーグルトはどこで買える?

スポンサーリンク
error: Content is protected !!
記事URLをコピーしました