エンタメ PR

大谷翔平選手の犬デコピンの名前の由来は?犬の特徴も

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

大谷翔平選手が犬の名前についてドジャースの記者会見での質問で答えました。名前はデコピンだそうで、その由来についても語っていたので紹介

大谷選手の愛犬の名前の由来

大谷翔平選手のMVP受賞の際、ご自宅で一緒にハイタッチして喜びを分かち合っていた愛犬の名前は『デコピン』です。その名前の由来は、もともと『ディコィ』という名前がついていたので、そこから日本名として『デコピン』と名付けたとの事でした。

ドジャースの入団会見でニコニコしながら『デコピン』の名前について答えていた大谷選手。ワンちゃんをとても可愛がってるんだなという印象が持てました。

大谷選手の愛犬の種類と特徴

大谷選手の愛犬『デコピン』の犬種は「コーイケルホンディエ」というオランダ原産の中型犬です。

【特徴】

白地にオレンジの斑点が特徴的な被毛を持ち、陽気で機敏、自信に溢れ、十分な忍耐力やスタミナもある。気立てがよく、用心深いが、うるさくはない。この犬種は忠実で、おおらかで、友好的である。

”ジャパンケンネルクラブHPより”

今もなお鴨をおびき寄せるために用いられているいわば牧畜犬です。

日本ではコーイケルホンディエはとても珍しい犬種で、ペットショップではほぼ取り扱いがありませんが、ブリーダーや保護施設からお迎えすることができるそうです。

先に述べたように、牧畜犬であるので多くの運動量が必要。飼うにはそれに伴った環境であることが大事です!

興味本位でワンちゃんをお迎えするのは絶谷にやめましょう!!

error: Content is protected !!