スイーツ

クーベルチュールとチョコレートの違いは?代用できる市販のチョコと使用の注意点

クーベルチュールと市販のチョコレートとには違いがあります。代用できる市販のおすすめ板チョコと使用の注意点、クーベルチュールチョコレートのおすすめも紹介。バレンタインはチョコレートスイーツを手作りしてみては?

クーベルチュールチョコレートとは?

クーベルチュールチョコレートとは、
一般のチョコレートよりカカオバターの含有量が多いチョコレートのことです。

国際規格(CODEX国際規格)より

・総カカオ固形分35%以上
・カカオバターを31%以上
・無脂カカオ固形分2.5%以上
カカオバター以外の代用油脂は使用不可
が義務付けられています。

※日本ではこの規定がないので
カカオバターの他
糖分・香料・種類によっては粉乳などが添加され
乳化剤の役割を果たすレシチン(大豆由来)が含まれています。

クーベルチュールの意味は?
クーベルチュールとはフランス語で『覆い』『毛布』という意味です。

パンやお菓子をチョコレートコーティングする際に使うので
そういうネーミングになったんでしょうね☆

クーベルチュール代用おすすめ市販チョコ

チョコレートスイーツ作ろうとしたら
レシピにクーベルチュールチョコと書いてる!

アイコン名を入力

えー!!そんなのないし製菓材料店で買うのはめんどう

ってなりますよね。
そんな時はスーパーで売ってる市販の板チョコで代用してみましょう。
その中でも代わりになる、おすすチョコを紹介します。

▶︎明治チョコレート効果

▶︎明治・ザ・チョコレート

▶︎明治ブラックチョコレート・BOX
楽天でみてみる

▶︎森永カレ・ド・ショコラ<カカオ70><カカオ88>

🉐 訳ありハイカカオチョコレートはこちら
 ↓↓↓↓

市販の板チョコとの違いと代用する際の注意点

クーベルチュールチョコレートとは、カカオの含有量が多いのが特徴ですから
さらさらっと溶けて、コーティングするとツヤが美しく仕上がります。

市販のチョコレートを代用とする場合も上記でおすすめにあげたように
カカオの含有量をポイントとして代わりのチョコレートとすればいいですね。

板チョコならなんでもOK!というワケにはいかないですね。

いわゆる、価格が安い板チョコは、食べるためのチョコとしてカカオバター以外の油脂分や砂糖を混ぜてあるので、コーティング等に使えないことはないですが
薄くパリッとというよりも、
少しポテっと厚めにコーティングされるので
口当たりが変わってきます。

普段使いのチョコレート菓子やチョコを混ぜ込むタイプの
ケーキやマフィンなどでしたら、問題ないですよ^^
※砂糖で甘みが入っているので、材料の砂糖を控えるなど調整してね

クーベルチュールチョコと市販のチョコまとめ

error: Content is protected !!