レシピ

【夏越ごはん】サクサクかき揚げ丼うちのレシピ:夏越の祓いの行事食

夏越ごはんかき揚げ丼

夏越の祓い(なごしのはらい)とは6月30日に行われる神事。
神社の境内にある大きな茅の輪(ちのわ)は茅の輪くぐりと呼ばれ、今年前半の罪や穢れを祓って無事に過ごせたことに感謝し、後半も元気に過ごせるよう祈る神事です。

その日に暑い夏を乗り越えられるように、栄養高い雑穀米など中心に食事をとろう!
「夏越ごはん」の日が公益社団法人米穀安定供給確保支援機構によって提案されています。

後半は平穏な生活が戻るよう祈りましょう^^

茅の輪のような「まぁるい」形で栄養のあるものならなんでもOK 。一般的なのは丸いかき揚げをのせた”かき揚げ丼 ”うちのレシピ紹介するよ

サクサクかき揚げ丼レシピ:わが家の夏越ごはん

かき揚げ丼

 

\天ぷら粉を使わずにサクサクのかき揚げをつくりますよ〜/

材料 冷凍エビ 10匹
玉ねぎ 1/2個
人参 1/2本
ブラウンマッシュルーム 2個
片栗粉 適量
ー衣ー 薄力粉 40g
60g
揚げ油 米油
  1. 冷凍エビは解凍してキッチンペーパーでしっかり水気をとる。
  2. エビは半分にきる
  3. 人参は千切り、玉ねぎはうすぎりにしてエビと合わせ片栗粉をまぶす
  4. 大ボウルに薄力粉と水を軽くあわせておく
  5. 天ぷら鍋に米油をいれて180度に温める
  6. スプーンを2つ使って具をすくい上げ油で揚げる
  7. 表裏で4分くらい
  • 片栗粉をまぶす前の具材はしっかり水気をとる
  • 薄力粉と水をあわせたら、練り過ぎない
  • 油に入れた後はいじり過ぎない
  • 揚げ油はこめ油を使う

ポイントをしっかりおさえて
薄衣でサックサクのかき揚げを作りましょう♪

具や野菜は、家にあるものでOK!

かき揚げたてて油切り

 

タレは公益社団法人米穀安定供給確保支援機構さんのレシピ参照

↓↓

夏越ごはん公認レシピ:夏越の祓えの茅の輪くぐりをイメージして作ってみよう!

かき揚げ茅の輪くぐりイメージ

 

公益社団法人米穀安定供給確保支援機構さんの
ホームページに載っているかき揚げ丼をご紹介しますね

ゴーヤが入って夏らしい

材料(4人分)

2カップ さっぱりおろしだれーー
雑穀 適量※ だし 120ml
    しょうゆ 大さじ2
ゴーヤ 1本 みりん 大さじ2
赤パプリカ 1/3個 しょうが汁 小さじ1~2
玉ねぎ 1/2個 レモン汁 大さじ1
小えび 80g 大根おろし 大さじ2程度
ー衣ー
天ぷら粉 適量※
適量※
揚げ油

※雑穀、天ぷら粉の分量等はご使用商品の表記を参照

  1. 雑穀ごはん:米は洗い、雑穀を加えて、普通に炊く
  2. ゴーヤ、赤パプリカ、玉ねぎは食べやすい大きさの薄切りにする。
  3. 小えびは背わたを取り除き、殻をむく
  4. 水で洗って水気をとり、厚みを半分に切る
  5. 天ぷら粉は水で溶き、衣を作る
  6. ボウルに②③を合わせ、④の衣を適量加えて、さっくり混ぜる
  7. 170℃~180℃の油で⑤を丸い形にして、カラリと揚げる。
  8. だしみりん醤油を合わせて火にかけ、基本の天つゆを作り、しょうが汁、レモン汁、大根おろしを加える。
  9. 器に、炊き上がった雑穀ごはんを盛り、
  10. かき揚げをのせ、さっぱりおろしだれを適量かける。

その他いろんなレシピの夏越ごはんが食べられるお店もあるみたい!

詳しくは公益社団法人米穀安定供給確保支援機構のHPをみてくださいね(╹◡╹)♡

楽しい動画もありますよ。

 

error: Content is protected !!